はじめに

愛媛県宇和島市吉田町の奥南地区で農業(柑橘)をしています、奥谷と言います。
40歳になります。
地元にゲストハウスを作りたい!
ということで動いています。
文が少々長くなってしまいましたが、ゆっくり読んでいただけたらとてもとてもうれしいです。
奥谷 篤巳
奥南でざいんセンター長

ゲストハウスオープン !をめざすに至る

街への漠然とした憧れもあり、
僕は高校卒業後3年ほど関西にいたり、東京に住んでみたりしましたが、街がなんとなく合わず自分でも驚くほどすんなりと田舎へ帰ってきました。

帰ってきてみたらば、なんとなんと、心地よい~。

それに、学生の頃には気付かなかった、素敵な人や物や行事などがたくさんあることに気付きました。

そんなこともありFacebookが流行ってきた頃、それにのっかり地元を発信しようと
「奥南のコト」「吉田のコト」というFacebookページを立ち上げました。

町を知ってもらう、という発信にもなりましたが、
地元出身の方からの反応が妙にうれしく、
おかげさまで、更新は少ないですがいまも続ける力になっています。

同時に少しずつ小さなイベントを企画したりするようになりました。

そして公民館に集まってはワイワイ飲んだり話したりしていたのですが、
使用時間に決まりがあったりで(それくらいがちょうどいいこともある。)もっと自由な場所があればなーと探していたところ、
手頃な空き古民家を見つけて、そこを片付け、集う場所として「凪ハウス」ができました。

飲み会や小さなイベント、遠方から来たヒトがちょっと泊まれたりと使っていましたが、
今回、しっかり許可申請を出しゲストハウスとして運営するべく、その改修(水回り、トイレ、シャワールーム、雨漏りなどの補修)などの費用を集めるために動いています。

凪ハウスを運営するNPO法人奥南でざいんセンター

2018年に
「NPO法人 奥南でざいんセンター」
を地元の仲間と立ち上げました。

でざいんセンター、という名前ではありますが、
デザイナーがいない、
ほとんどが農家仲間の
でざいんセンターです。

例えば、
みかんは美味しい。

でもそれだけじゃない魅力がたくさんあります。

皮や葉っぱも香り良し、伐採した樹だって使えます。

季節も変わりながら花から小さな実になり、収穫をむかえるころには山はみかん色に一面染まります。

それぞれ一つ一つとってみても、
色々なモノや催しが生まれそうな妄想がわいてきます。

視点を変えるだけで、
食べるだけのみかんが、こんなさらなる魅力発見に繋がるんです。

それはみかんに限らず、
地元にたくさん転がっています。

その当たり前にそこにポツンとあるヒトモノコトに対して視点や気持ちなどを変えるだけで、
新しい発見や気付きがあったりすると、
ぽかぽかと豊かな気持ちになります。

ちょっとした発想の切り替えだけで豊かさや幸に繋がる。

その繋がる一連を作りたい!と農家のくせに調子にのりながら思ったわけです。

素人の集まりですが得意分野はやっぱりそれぞれあるもので、
それを組み合わせつつやっています。

それをデザインと呼んでいいのかわからないのですが、
そもそも僕らみたいな素人がデザインの正解なんてわかるはずもないので、
僕らの考える「でざいん」でいいやんということで平仮名にしました。

そんな地元で宝探しを楽しむために、
NPO法人奥南でざいんセンターが立ち上がりました。

人が交流する場所

2年前の7月7日、吉田町は西日本豪雨の被害をもろに受けました。

電気、水が止まり、

山は土砂崩れ、
町は泥だらけで、
自衛隊も走ってるし、
いわゆるテレビなどで聞く「被災地」なんだここ、、と何日か経って気付きました。

まだまだ爪痕残る町ではありますが、
ほんとに当時は、たくさんのボランティアの方に町に入っていただき、助けていただきました。

ただ作業をお手伝いしていただくだけでなく、
ふれあい、色々なお話をする機会にもなりました。

その経験のなかで、ただこちらへ来てもらうだけではなく、そこにとどまり、その日の晩には地元の仲間を交えてご飯を食べたりお酒を飲んだり、そこでさらに繋がりが深くなることもありました。

そこから繋がる、ひらめく、
アイデア、もろもろもろ。

外から訪れるヒトと話すと新鮮で刺激的で安らぎで、ときには地元を客観視し、あらためて良いところに気付く機会になったりもしました。

訪れた方は、山やふもとの海の近さや青さ、そこの柑橘、お魚、そこにある生活に興味を持ってもらったりします。

自分たちにも、ここで育ったという誇りも生まれました。

来てきて!凪ハウス!

そんな経験から、
この地元にゆっくりとどまれる場所、
ゲストハウスを作りたい!と思うようになりました。

もともと空き古民家を借り「凪ハウス」と名付けてみんなの集いの場所として今までも使っていましたが、
今回、しっかり許可を取り、水回りなど不安なところを修繕し、ゲストハウスとして凪ハウスをNPO法人奥南でざいんセンターで運営しようと準備しています。

その収益を活用し、奥南でざいんセンターで楽しいコトを興していけたらなと思っています。

ぐるぐるぐるとヒトもお金も回れば最高です。

また、吉田町内に正式な宿泊施設がないので、
(※アルバイターやボランティアさんなどが泊まれる施設は農協さんなどであります。)
これをキッカケに、
とどまる場所がもっと増え、
来るヒトも、居るヒトも、
価値観を交換しながら、
この町をさらに好きになる人が増えたら素敵だなーと思ったりもしています。

そしていま、コロナ騒動によって衣食住や働くことなどの価値観、感覚が変わろうとしています。すごい時代です。

この田舎の感覚を求めるヒトも増えるのではないかと感じています。

その田舎体験の場、繋がる場としてのコミュニティにもなればいいなと思っています。

集うことはいまできにくい状況ですが、
来るべきときに向けて準備をしっかりしたいと思います。

凪ハウスのオープンは8月頃の予定です。

くるヒトも、
おるヒトも、
みんながベリーベリーハッピー。

が目標です。

ダラダラとした文ではありましたが、
最後まで読んでいただきありがとうございました!

どうかどうかご支援のほど、
よろしくお願いします!!

お返しの品々

凪ハウス改修プロジェクト

たくさんのご支援をありがとうございます!

プロジェクトへの支援の受付は、6月21日(日) 0時を以て終了しました。
※達成ゲージとコメントは、受領毎に随時更新されます

I: 凪ハウス宿泊(1泊貸し切り) ¥10,000 2020年6月20日
H: 奥南レモンジュース3本セット ¥8,000 2020年6月20日
L: 奥南ビーチツアーご招待 ¥10,000 2020年6月20日

面白い人に魅力的な場所。
そんな奥南の凪ハウスがスキです!
応援していまーす!

C: モンスタートートバッグ ¥5,000 2020年6月20日
G: 奥南ジュース詰め合わせ3本セット ¥8,000 2020年6月20日

また奥南の皆さんとわいわい飲みたい!
ずっと応援しています〜。

D: 土居太陽くんが作る河内晩柑1箱(7kgほど) ¥6,000 2020年6月20日

ギリギリセーフ
応援しています!

G: 奥南ジュース詰め合わせ3本セット ¥8,000 2020年6月20日

いつか凪ハウス伺ってみたいです✨

H: 奥南レモンジュース3本セット ¥8,000 2020年6月20日

遊びにも行きたいー!

I: 凪ハウス宿泊(1泊貸し切り) ¥10,000 2020年6月20日

すごいっ!応援します!!

E: 奥南のコトキャップ ¥7,000 2020年6月20日

We Love 奥南!
また遊びに行かせて下さい。

C: モンスタートートバッグ ¥5,000 2020年6月20日

お返しの品々がどれも魅力的で……

H: 奥南レモンジュース3本セット ¥8,000 2020年6月19日

みなさんの活動を応援しています☆凪ハウスが今よりもっと心地良い場所になりますように(*^^*)

お問い合わせはこちら

© 2020 NPO法人 奥南でざいんセンター, All rights reserved.